大阪のミカタ

魅力的な街「大阪」の観光・食・便利情報を発信しています

トラベル

神秘的なスポット和歌山の加太砲台跡がオススメ

更新日:

kadahoudai1

今回は大阪府岬町のすぐお隣、和歌山県の加太にある観光スポットをご紹介します。

大阪府岬町から更に西に進むと瀬戸内海を挟んで四国を望める和歌山県は加太に着きます。太平洋から大阪湾に入る船が頻繁に行き来しており、その様々な船を見ているだけでも楽しめます。

加太と四国に挟まれたこの航路の歴史は古く、特に戦時中は重要な海の要衝でした。ゆえに敵戦艦の侵入を防ぐために砲台を置き、軍事基地として利用されていました。

その名残として弾薬庫として利用されていたレンガ造りの倉庫などが残っており、とても神秘的な空間として現在も当時の緊張感を私たちに伝えてくれます。

kadahoudai2

砲台跡への入り口から神秘的な空間が始まります。木々がトンネルを作るように立ち並ぶ中を進んで行きます・

kadahoudai3

駐車場からの距離は200mほどでしょうか。映画に出てきそうな神秘的な上り坂が続きます。なお坂や階段が多いので運動靴やスニーカーをオススメします。

kadahoudai4

坂を登りきると急に開けた場所に出ます。上の写真は大砲が置かれていた空間です。この基地の砲台は海側に防護壁を作り、敵船から見えないよう作られていました。

kadahoudai5

広場には下り階段が設けられ、下には弾薬を置く空間が残っています。

kadahoudai6

晴天の15時頃でしたが、ご覧のように真っ暗です。ホラー映画に出てきそうな異様な雰囲気と冷たい空気が緊張感を高めてくれます。

kadahoudai9

砲台跡の広場と広場を結ぶトンネルは重厚感があり、戦時中の過酷さを想像させます。

ただこのスポットを私がオススメするのは神秘的な雰囲気を体感できるからではありません。関西でも随一の素晴らしい絶景を見ることが出来るからです。

kadahoudai7

kadahoudai8

砲台跡から海側へ階段を登ると屋根付きのベンチがあります。このベンチからは「天空の城ラピュタ」の舞台にもなった友ヶ島と雄大な瀬戸内海、そこを通る船を見渡すことが出来ます。時間を忘れてボーっとしていたくなるオススメスポットです。

大阪市内からはかなり離れていますが、大阪の岬町へ釣りや海水浴で来られた際には少し足を伸ばして立ち寄って見て下さい。夜は真っ暗でホラー感しかないので晴れている日中がベストです。

Sponsored Links

和歌山県"加太砲台跡"の詳細情報

住所 和歌山県和歌山市深山
時間 年中無休
電話番号 なし
駐車場
公式HP なし

和歌山県"加太砲台跡"へのアクセス方法

車でのアクセス

砲台跡への入り口付近に7~8台ほど駐車できるスペースがあります。大阪市内からは国道26号線を走り、泉南郡岬町のローターリーを深日港方面へ曲がり和歌山へ走り続けること10分~15分で到着します。

電車・バスでのアクセス

最寄りの駅は南海電鉄加太線の終着駅"加太駅"ですが、加太駅からは徒歩で50分ほど離れています。自動車やバイクでの訪問を検討された方が良いでしょう。

 

広告

広告

-トラベル
-

Copyright© 大阪のミカタ , 2018 All Rights Reserved.